音楽、テクノロジー、そしてアドベンチャー。この3語がRosa Laraの人生の大部分をインスパイアし、自身の音楽制作会社であるArchipelago Entertainment社設立の理念になっている。Rossにとって、自然の音が織り成す「オーケストラ」の収録を追求することは、常に魅力的なことであり、それぞれのレコーディングプロセスには素晴らしい思い出や経験がある。

「今後数年、人々は録音された今日のサウンドを耳にできるでしょうし、同時に私たちなりの方法でのアドベンチャーを追体験できることになるでしょう。」とRossは語る。「エンジンの始動音や氷が足元に砕け散る音を聴けば、瞬時にその光景が脳裏に広がります。そうした音から音楽制作のインスピレーションを感じ取れれば、と思っています。」

Ross Lara capturing sounds in Utah.

Ross Lara capturing sounds in Utah.

昨年、Rossはユタ州ヴァージンで開催された世界最大規模のマウンテンバイクのフリーライドイベントであるRed Bull Rampage 2019の会場にいた。ここで彼はバイクアスリートの最高峰たちが彼の前を通過していく音など大量の音を収録した。メカニックがバイクをチューニングしているところを録音したり、果てはユタの人里離れた峡谷に響く自身の声も録音した。

Red Bull Rampage
Red Bull Rampage

「峡谷の岩が雪崩のように落ちていく音は、最高の録音の1つでしたね。」と彼は振り返る。「峡谷の狭い小路伝いに歩いていた時、小石や岩が砂埃を上げながら谷底で落ちていく音が聴こえたんです。そこで私は下へ降りて行き、上から岩を落としてもらう段取りを付けました。高低差は6〜9メートル程度でした。自分の頭を保護しつつ、ZOOM『H5』を空に向けて岩が落ちていく音を録りました。あざが1〜2個できただけで、録音した音は最高でした。」

Rock Waterfall


オーディオ

スタジオに戻り、録音してきた大量の音を取り込み、色々なアプローチで編集をした。オリジナルの録音はグラニュラー的な素晴らしい音だった。 Rossはここでポスト編集のプロセスを見せてくれた。「このファイルをゴージャスなシマーリバーブで洗うと、落ちていく岩の音がアンビエントのパッド音のようになって、トラック内でコードを奏でているシンセと対をなすような感じになるんです。こうした編集手法をここでは"サーキットスコア"と呼んでいます。私たちの音楽制作手法がまさにこの方法なんです。サーキットスコアというのは、フィルムメイカーと現場へ行き、そこの環境音を収録し、今のような方法で編集をします。その過程では、収録する時点から既に音楽制作が始まっていると言えます。そしてこのプロセスの最終段階は、居心地の良いこのスタジオで行っています。完成した音楽はロケ初日以降の収録音に注入するように流れ、観客はその全体を目にするわけです。その音楽のDNAは、言ってみれば、アウトドアからやってきたようなものですね。こうしたプロセスを容易にしてくれるのがZOOM製品で、しかも欲しいと思った通りの最高クォリティで実現できます。特に、マイナス10ºC以下で雪が降っているような状況でも、レコーダーを回さなくてはならない時もありますが、ZOOM製品は問題なく動作してくれます。」

Ross Lara capturing sound of a river

Blue River, Breckenridge, Colorado

Ross Lara capturing sound on a mountain

West Yellowstone, Montana

Rossは別のコンポジショナル・サウンドデザインについても詳述する。「今まで行った音楽的なサウンドデザインの中で気に入っているものの1つに、岩が雪崩のように落ちて行く音を収録し、その音にグラニュラーシンセシスのDensityというソフトで変化させるものがあります。これを使って、30個の録音ファイルから数分のものに変化させています。グラニュラー化した岩のファイルを新たにインポートしたら、そこにそれぞれ1秒にも満たない短いセクションがたくさんあることに気づき、そうしたリージョンをサンプラーソフトのKontaktに取り込みました。それからピアノのモチーフを作ってそのMIDIデータをコピーし、そのノートデータの1つ1つにグラニュラー化した岩の音を重ねていきました。そうしてできた音はすごく美しいもので、ハンマーが弦やフェルトを叩いた音を増幅したような音になりました。でも実際にはユタの岩の音なんですけどね!」

今後数年、人々は録音された今日のサウンドを耳にできるでしょうし、同時に私たちなりの方法でのアドベンチャーを追体験できることになるでしょう。エンジンの始動音や氷が足元に砕け散る音を聴けば、瞬時にその光景が脳裏に広がります。そうした音から音楽制作のインスピレーションを感じ取れれば、と思っています。”

Ross LaraMusician, Composer, Outdoor Adventurer
Ross Lara composing at the piano.
Ross Lara capturing sound on a canyon

Utah

Rossの音楽とアドベンチャーの成果は、Ross Lara's website をご覧ください。