ZOOMは、単体機としては業界初となる32ビットフロート録音技術を搭載するオーディオ・インターフェース2機種を開発し、ミュージシャンにより原音に忠実な歪みのない音声をコンピュータやモバイルデバイスに録音できる能力を提供します。


革新的な32ビットフロート対応オーディオ・インターフェースとして新しくラインナップに加わったUAC (USB Audio Converter)シリーズから、2チャンネル入力の『UAC-232』と、4チャンネル入力の『UAC-432』を発売します。超広域ダイナミックレンジと驚異的な低ノイズフロアを実現し、最高品質の音声を得ることができます。独自のデュアルAD回路と32ビットフロート録音技術、最大192kHzのサンプルレートにより、ゲイン調整不要で、超高解像度の音声として処理することができます。


32ビットフロート録音の最大のメリットは、ミュージシャンに安心感を与え、音声が決して音割れしないことを保証することです。どんなに大きな音でもどんなに小さな音でも、鮮明でクリアな音声が得られます。さらに、UACシリーズは、頑丈な筐体とXLR/TRSコンボジャック、メインおよびヘッドフォン出力、ダイレクトモニタリング、MIDI IN/OUT機能を備えています。


オーディオ・インターフェースの新境地を切り拓く、デュアルAD&32ビットフロート対応モデルの『UAC-232』と『UAC-432』は、2022年冬発売予定です。

UAC-432

UAC-232_1.jpg

UAC-432 ( 左 ) / UAC-232 ( 右 )