Chick at the Grammys



90枚以上のアルバム、67回のグラミー賞ノミネート、23回のグラミー賞、3回のラテン・グラミー賞を受賞。アーマンド・アンソニー "チック "コリア以上に、作曲、録音、演奏をしたジャズミュージシャンはいないと言っても過言ではありません。

チックは、スタン・ゲッツ、サラ・ヴォーン、マイルス・デイヴィス、スティーブ・ガッド、マイケル・ブレッカー、デイブ・ウェックル、クリスチャン・マクブライドなどの著名なミュージシャンと素晴らしい音楽を生み出してきました。

1968年の『Tones for Joan's Bones』と『Now He Sings, Now He Sobs』はチックのリーダーとしての最初のアルバムである。マイルス・デイヴィス(Miles Davis)のアルバム『イン・ア・サイレント・ウェイ(In A Silent Way)』でのレコーディングに加え、チックはマイルの伝説的なアルバム『ビッチズ・ブリュー(Bitches Brew)』でもレコーディングを行い、フュージョンの時代を築き上げた。

Chick at the Grammys
Chick at the Blue Note




ブラジル、スペイン、その他世界的な文化の影響を受けたジャズの要素を組み合わせ、チックは『Spain』、『500 Miles High』、『Tones for Joan’s Bones』など、ジャズのスタンダードとなった曲を作曲しました。

チックは、マイケル・ロドリケス、ルイジート・クインタロ、マーカス・ギルモア、カルリトス・デル・プエルトをフィーチャーしたスパニッシュ・ハート・バンドのアルバム『Antidote』で、2019年に最も新しいグラミー賞を受賞した。

2006年には、アメリカのジャズミュージシャンに与えられる最高の栄誉であるNEA(全米芸術基金)ジャズマスターに選ばれています。